FC2ブログ完全ガイド

STEP1 記事をグレードアップさせよう

記事入力支援ツールを使って記事を書く(3)


スポンサーリンク

入力ウインドゥを操作する

photo
「↓」「↓」入力ウインドゥ伸縮ツールをクリックすると、入力ウインドゥを上下に伸縮できます。「↓」は入力ウインドゥが下に伸びるため、長い記事を書くときに便利です。1度だけでなくクリックは複数回できます。一旦伸ばしたウインドゥは「↑」のアイコンで元に戻せます。
photo
プレビューアイコンをクリックすると、入力した記事を保存する前に画面上で確認することができます。

高機能テキストエディタを使う

photo
「W」アイコンをクリックすると、高機能テキストエディタが使えるようになります。高機能テキストエディタは、ワードの機能と似ていると言えばわかりやすいかもしれません。より複雑な文章構成をすることが可能です。ただし、この高機能テキストエディタを利用できるのは、WindowsではIE、Sleipnir、Firefox。Mac OSXではFirefoxで、どちらもブロードバンド環境が必要です。また、リアルタイムに変更を反映させるため、どうしても重くなりがちで、動作が遅く感じるケースもあります。
photo
「W」アイコンをクリックすると、高機能テキストエディタが立ち上がってきます。入力ウインドゥがそのままリアルタイムプレビューになります。

高機能テキストエディタの機能

高機能テキストエディタのツール機能は様々です。3段になっているツールの1段目の左からから順番に説明していきます。

photo
高機能テキストエディタのツール。

【1段目】
「ソース」画面に入力されているソースを別ウインドゥで表示します。
「プレビュー」別ウインドゥでプレビューします。
「切り取り」選択した文字列、画像を切り取ります。
「コピー」選択した文字列、画像を複製します。
「ペースト」切り取ったりコピーしたりした画像を貼り付けます。
「プレーンテキスト貼付」コピーした文字列の文字のみ貼り付けます(文字の大きさや文字色などはリセットされます)。
「Wordテキスト貼付」Microsoft Wordの文章をそのまま貼り付けられます。
「元に戻す」一つ前におこなった動作を取り消します。
「やり直し」直前に取り消した動作をもう一度おこないます。
「検索」文字列の検索をします。
「置換」検索した文字列を別の文字列に置き換えます。
「すべて選択」エディター内のデータをすべて選択した状態にします。
「フォーマット削除」文字の色やサイズ、行寄せなど与えた属性をすべてリセットします。
「文字色」選択した文字列に別ウインドゥで開くパレットから文字色を選択します。
「背景色」選択した文字列に別ウインドゥで開くパレットから背景色を選択します。

【2段目】
「太字」選択した文字列を太字にします。
「斜体」選択した文字列を斜体にします。
「下線」選択した文字列に下線を引きます。
「打ち消し」選択した文字列に打ち消し線を引きます。
「添字」選択した文字列を小さくし、添字として右下に表示します。
「上付き文字」選択した文字列を小さくし、上付き文字として右上に表示します。
「段落番号の追加/削除」行頭に番号のついた箇条書きが自動で書けます。クリックすると「1.」が挿入されるので、その後に文章を続けます。リターンキーを押すと改行され次の番号が挿入されます。最後の行が必要なければ、もう一度ツールをクリックすると終了します。
「箇条書きの追加/削除」行頭に中黒(・)のついた箇条書きが自動で書けます。クリックすると「・」が挿入されるので、その後に文章を続けます。リターンキーを押すと改行され次の「・」が挿入されます。最後の行が必要なければ、もう一度ツールをクリックすると終了します 。
「インデント(字下げ)解除」字下げを解除します。
「インデント(字下げ)」数文字分右に字下げします。
「左揃え」選択した段落を左揃えにします。
「中央揃え」選択した段落を中央揃えにします。
「右揃え」選択した段落を右揃えにします。
「両端揃え」選択した段落を幅に合わせます。
「リンク挿入/編集」選択した文字列にリンクを加えます。クリックするとリンクするURLを問うウインドゥが開きます。通常は「URL」「http://」を選択し、リンクしたいURLを挿入してOKします。オプション設定でソースは変化します。
「リンク削除」リンクを設定した文字列を選択しクリックすると、リンクを外します。
「アンカー挿入/編集」アンカー(目印)を挿入します。クリックするとアンカー名を問うウインドゥが開きます。任意の半角英文字の文字列を入力すると、目印が挿入されます。

【3段目】
「フォント指定」選択した文字列のフォントを指定します。
「文字サイズ指定」選択した文字列のサイズを指定します。
「画像挿入/編集」画像を挿入します。URLに画像のアドレス、代替テキストには画像が表示されなかった際に代わりに表示する文字列を入力します。幅や高さ、枠線や周りの余白、行揃えが指定できます。
「Flash挿入/編集」 Flashを挿入します。URLにswfファイルのアドレス、幅・高さを指定できます。プレビューが可能です。
「テーブル(表)挿入/編集」表を挿入します。行・列に数字を入れ、テーブル幅・高さ・ボーダーサイズ(枠線の太さ)・セル内余白・間隔等を指定できます。キャプションに文字列を入れるとテーブルの上にタイトルが付されます。目的にはそのテーブルが何を表すかを入力すると、ソース内に反映されます。
「横罫線」水平線を引きます。
「絵文字挿入」あらかじめ用意された絵文字ウインドゥが開きます。選択すると挿入されます。
「特殊文字挿入」ウムラウトなどを表示できます。クリックすると開く選択ウインドゥ上で目的の文字をクリックすると挿入されます。
「ヘルプ」詳しい解説が必要な場合に有効です。ただし、リンク先は英文サイトになっています。


スポンサーリンク

 
 

Copyright (C) 2007 FC2ブログ・ガイド. All Rights Reserved. / お問合せ・免責事項